印刷
参照数: 2550

28人の議員の皆さんにご回答いただきました(解答率0.39%)。

法案について、国会議員の皆様にはさほど知られていない状況であると推測される結果でした。

関心を寄せてくださる皆さんの中では、懸念を解消してから立法すべきとの回答が一番多く、

法律の必要性を検討すべきという回答も8人寄せられました。

今後とも、国会議員の皆さんに働きかけを続け、当事者や支援者の疑問や不安をお伝えし、「法律の対象となるものの立法への参画」を試みていきたいと考えています。

1 依頼文  アンケート依頼文

2 結果集計(以下の通り)

設問

① 「親子断絶法案」(議連で検討中)の内容について
   ア よく理解している イ 法案が検討されていることを知っている
   ウ ほとんど知らない

② 離婚や別居後、子どもと会うことができない親子の事例があり、この法案が検討されています。一方、以下のような懸念も表明されています。ご意見をお聞かせください。
      ・面会交流における子どもの安全と安心が保障される設計がない
      ・児童虐待、ドメスティックバイオレンスなどの悪影響が踏まえられていない
     ・子どもの意思を尊重することが書かれていない
     ・子どもを連れて別居することが問題とされると、DV被害親子が避難できなくなる
     ・父母が同居や結婚したことがない子ども、再婚家庭の子どもなど、様々な家族形態の子どものことが考慮されていない
   ア 基本的には進めるべき イ 懸念を解消してから法律を作るべき ウ 必要性を検討すべき
   エ 分からない

 

 

法案の内容について

懸念へのご意見

 

ア よく理解
している

イ 検討されている
ことを知っている

ウ ほとんど
知らない

ア 基本的には
進めるべき

イ 懸念を
解消してから
法律を作るべき

ウ 法律の
必要性を
検討すべき

エ 分からない

長島昭久

1

     

1

   

斉藤和子

 

1

     

1

 

牧山ひろえ

1

     

1

   

務台 俊介

1

   

1

     

吉良よしこ

 

1

     

1

 

野田聖子

 

1

   

1

   

真島省三

 

1

       

1

行田邦子

 

1

   

1

   

福山哲郎

1

       

1

 

大西健介

1

     

1

   

伊東信久

1

     

1

   

階猛

1

     

1

   

白須賀貴樹

1

     

1

   

高橋千鶴子

 

1

   

1

   

青柳陽一郎

1

     

1

   

仁比聡平

 

1

     

1

 

神本美恵子

1

       

1

 

福島みずほ

1

       

1

 

池内さおり

1

       

1

 

阿部知子

1

       

1

 

矢田わか子

1

     

1

   

糸数慶子

1

     

1

   

逢坂誠二

 

1

   

1

   

西村智奈美

 

1

   

1

   

笠浩史

1

   

1

1

   

鈴木貴子

1

   

1

     

伊東孝恵

 

1

 

1

     

初鹿明博

1

     

1